首から背中にかけての筋肉 簡単筋トレ

僧帽筋の筋トレ

 

僧帽筋 の 筋トレ方法

 

首から肩の筋肉のトレーニングをする女性のイラスト

 

 

やり方僧帽筋の筋トレ(上部)のやり方
①両肩をいっぱいまですくめます。
②すくめたまま15秒程度維持します。
③ゆっくり肩を戻します。

 

やり方僧帽筋の筋トレ(中部・下部)やり方
①肘を90度に曲げ、脇を少し開きます。
指先が中心により、腕が八の字のようになります。
②肘を後ろに引きます。
肩甲骨を引き寄せるようにします。
③その姿勢を維持します。(15秒程度)

 


 

メモメモ
・慣れてきたら、維持する時間を徐々に伸ばしていきましょう!

・無理せず、痛みを出さないように行ってください。

 


 

注意点注意
・痛みや違和感を感じた場合は中止してください。

・筋トレなどを行っても改善が見られない場合は、病院を受診し医師に相談しましょう。

・そのほかの病気などが疑われる場合などは、病院を受診し医師に相談しましょう。

 


 

僧帽筋について

首、肩、背の筋肉の位置を示した図

 

僧帽筋(そうぼうきん)は、首から背中の真ん中くらいまでを覆っている大きな筋肉です。

上部繊維、中部繊維、下部繊維と3つに分かれていて、各々でいろんな動きに関わります。

 

・筋肉の働き

僧帽筋は主に肩甲骨を動かすための筋肉です。

とても大きな筋肉のため、上部線維・中部線維・下部線維と場所によって働き方が変わります。

上部線維は肩をすくめるような働きがあり、鎖骨や肩甲骨を引き上げます。

中部線維は胸をはるように、肩甲骨を引き寄せます。

下部線維は落としたものを拾う動作など肩甲骨を下げたり、バンザイをするような動作など肩甲骨の下角を外側、頭方に向かうような動きをする際に働きます。

 

・僧帽筋の筋力が低下すると・・・

疲れやすくなるため、肩こりの原因にもなります。

また、交通事故がおきた時、僧帽筋の筋力が強いとむち打ち症になりにくい体になります。

肩こりの予防やムチウチになりにくい体を作るためのも、しっかりと筋トレを行い筋力をつけましょう。

 

僧帽筋の筋トレが必要な人

・スマートフォンやパソコンなどを長時間使用する

・肩や胸の周りに厚みが欲しい

・五十肩などの予防をしたい

・同じ姿勢でいることが多い

など

 

こんな症状のある方にもおススメ!

・姿勢が悪い

・肩こり

・頭痛

・疲れやすい

など

イラスト

 

menu

筋トレ症状別セルフケアストレッチ
ホームページ

 

みどり堂整骨院の最寄駅はJR中央線の西八王子駅。徒歩で約8分です。

Tel:042-623-7466 詳細はアクセスページをご参照ください。
定休日のご案内

定休日 / 水曜・祝日

営業時間
午前8:30~12:30
午後15:00~20:00

予約制です。
ネット予約・お電話をご利用下さい。

アクセス
八王子市にある整骨院 みどり堂整骨院 icon住所

〒193-0931
東京都八王子市台町4-19-2
アクセスマップはこちら

icon電話番号

042-623-7466

icon最寄駅

JR中央線 西八王子駅(南口)
徒歩約8分

icon駐車場

駐車場有 4台

みどり堂整骨院 概観
予約システム
継続通院の方専用 ネット予約 はじめてのの方専用 ネット予約

電話予約・お問い合わせ
042-623-7466

トピックス
交通事故の施術 お気軽にご相談下さい。
交通事故治療の事例紹介
みどり堂写真館 みどり堂をお写真でご紹介
当院からのお知らせ
スタッフ紹介
スタッフブログ
機器の紹介
症状の解説
頭・首
肩・肘・手
背・腰
膝・足
サイト内検索