応急処置(RICE処置)について

応急処置(RICE処置)とは

 

ケガの応急処置の方法
怪我の応急処置

怪我の応急処置として行うべき「安静(Rest)」「冷却(IceまたはIcing)」「圧迫(Compression)」「挙上(Elevation)」の頭文字とってRICE処置(らいすしょち)と呼ばれています。

怪我が発生してしまった際、病院(整形外科)や接骨院・整骨院を受診するまでの間にRICE処置を適切に実施することで、痛みや腫れを最小限にとどめることができます。

「ぶつけた(打撲)」「ひねった(捻挫)」「無理に伸ばした(挫傷)」「転んだ」「寝違えた」「手首を使いすぎた」「ぎっくり腰になった」などの様々な怪我に対応できます。

 

※RICE処置は応急処置で、治療ではありません。RICE処置を行い痛みが軽減したとしても、怪我をした際には必ず医療機関を受診してください。

 


 

rest(安静)

レスト(安静)

スポーツ時に発生した際には直ちに運動を中止し、患部が動かないように安静に保ちましょう。

状況によっては、テーピングなどで患部が動かないように固定するのも良いでしょう。

患部を動かすような動作(運動の継続、ストレッチ、マッサージなど)は症状の悪化につながります。

--- 安静の目的 ---
症状の悪化予防
内出血を抑制
腫脹(腫れ)の抑制

 


 

icing(冷却)
アイシング(冷却)

「氷のう」などで患部を冷やしましょう。

アイシング(一回)の時間は約15分を目安に行います。

痛みが強い場合など複数回アイシングを行う際には、インターバルを45~60分ほど開けてから行いましょう。

--- 冷却の目的 ---
痛みの緩和
血管を収縮させ内出血を抑制

腫脹(腫れ)の抑制
患部が熱を持つのを抑える
詳しいアイシングのやり方

 


 

compression(圧迫)
コンプレッション(圧迫)

包帯やテーピングなどを使い、少し圧迫を加えるように巻きましょう。

あまり強く圧迫をしてしまうと、神経を圧迫してしまったり血行を阻害してしまったりします。
包帯などを巻く強さは、加減して行ってください。

--- 圧迫の目的 ---
内出血を抑制
腫脹(腫れ)の抑制

 


 

elevation(挙上)
エレベーション(挙上)

座布団や重ねたり枕やクッションを使い、患部を心臓より高く上げましょう。

丁度よい高さや固さに調整し、痛みや不快感を感じないように工夫してください。
特に就寝時は、固いものや高すぎる物は避けるようにしましょう。

--- 挙上の目的 ---
内出血を抑制
疼痛の緩和
腫脹(腫れ)の抑制

 

ホームページ
最近の投稿
定休日のご案内

定休日 / 水曜・祝日

営業時間
午前8:30~12:30
午後15:00~20:00

予約制です。
ネット予約・お電話をご利用下さい。

アクセス
八王子市にある整骨院 みどり堂整骨院 icon住所

〒193-0931
東京都八王子市台町4-19-2
アクセスマップはこちら

icon電話番号

042-623-7466

icon最寄駅

JR中央線 西八王子駅(南口)
徒歩約8分

icon駐車場

駐車場有 4台

みどり堂整骨院 概観
予約システム
継続通院の方専用 ネット予約 はじめてのの方専用 ネット予約

電話予約・お問い合わせ
042-623-7466

トピックス
交通事故の施術 お気軽にご相談下さい。
交通事故治療の事例紹介
みどり堂写真館 みどり堂をお写真でご紹介
当院からのお知らせ
スタッフ紹介
スタッフブログ
機器の紹介
症状の解説
頭・首
肩・肘・手
背・腰
膝・足
サイト内検索